F先からの手紙

▲ブラウザの「戻る」ボタンをクリックして、戻って下さい。


2012年6月20日
 自分レター
  拝啓自分へ
 おまえは、よくがんばっている。日曜日のビーチコーミングのイベントでは、天候ばかりを気にしてなかなか寝つかれなかったよな。気がついたら、起きなければならない時間の朝5時になっていた。オニギリづくりはおまえの仕事。納豆こんぶとシャケをまぜこんだオニギリを4個。△にはならず、○形にはなったけど、おまえらしくていい。参加人数は、総勢20名ほどで、小学生の低学年が多かったけど、おまえにとっては、孫みたいな存在で、かわいかったな。
 ビーチでは珍しい宝貝や草フグ、ハリセンボン、アメフラシも見つかって、おおハシャギ。アメフラシをつっついて出てきた染色の液の鮮やかさは今も目に焼きついている。フレッシュDeadの宝貝も見つかり、ヨカッタヨカッタ。
 ノリ先が磯の方に行って危なかったのが面白かったな、楽しいことばかりだったんだけど、帰り際に、小1の子から、「オジイちゃん」「ありがとう」と言われた時、おまえは、少し複雑だったな。口ではプチ引退とか、老いを意識しているとか言っていたのに。小さい子から、ズバリ現実を言われると、ショックだな。
 でも、ハゲでないからいいか。